ブログ

こんにちは💕

最近は、紫外線も強くなってきましたね😅😅

紫外線の量は5月から急激に増え始めます。春から本格的にUVケアをして日焼けを予防しましょう。

日焼け止めのSPF・PAの選び方

日焼け止めにはSPF・PAという数値がありますが、正しく理解できていますか?「SPFの高い日焼け止めを塗っておけば大丈夫!」と思いがちですが、SPFが高いほど肌に負担をかけます。生活シーンに合わせて上手に日焼け止めを選びましょう。

SPF・・・UVBの防止効果を表す
シミ・ソバカス・皮膚がんの原因となる紫外線B波(UVB)の防止効果を示しています。数値が高いほど防止効果があります。

PA・・・UVAの防止効果を表す
しわやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を示しています。「+」が高いほど防止効果があります。

1.日焼け止めを塗る前は、肌を保湿しましょう
日焼け止めには、肌を乾燥させる成分が含まれている場合があります。肌が乾燥しているところに日焼け止めを塗ると、肌の乾燥を進行させ、日焼けしやすくなります。日焼け止めを塗る前は、保湿をして5分ほどおいてから日焼け止めを塗りましょう。

2.日焼け止めの1回の適量を覚えましょう
日焼け止めを使う際に1番大切なことは適量を守ることです。1回の量が少ないと、正しい日焼け止め効果が得られません。顔に塗る場合は、液状タイプなら500円玉1個分、クリームタイプならパール粒(5mm)2個分が目安です。

 

3.全体にムラなく塗りましょう
顔に塗るときは、手に取った日焼け止めを顔の5ヶ所(両頬・おでこ・鼻・あご)に置き、内側から外側に向かって軽く伸ばしてから、手で顔を包み込むようになじませましょう。

4.2~3時間おきに塗り直しましょう
日焼け止めは2~3時間に1度は塗り直すとよいとされています。メイクをしているときは、乳液を含ませたコットンなどで拭き取ってから、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションを重ねましょう。

体の日焼け止めを塗り直す際も、ボディシートで汗や皮脂を拭き取ってから、日焼け止めを塗り直しましょう。

美肌をサポートする栄養素

UVダメージを和らげるには、抗酸化力を高めることがポイントです。
抗酸化力の高いビタミン・ミネラル類を積極的に摂りましょう。

ビタミンA
肌の老化・肌荒れを防ぐ

ビタミンE
肌のハリを保つ

ビタミンB2
肌の新陳代謝を促す

ビタミンC
シミやソバカスを防ぐ

トマトジュースは「飲む日焼け止め」?!
トマトに含まれるリコピンには、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があるといわれており、美肌やUVケアにとてもよい食材です。トマトは生のものよりも加工品の方が2~3倍もリコピンを吸収しやすいため、トマトジュースなどで摂取するのがおススメです。

明日から令和で新しい元号になりますね☺️☺️

明日は何をしますか?

令和で新しい元号の元、新しい挑戦を始めませんか?💕

 

これからの季節にも脱毛がオススメですよ✨

 

 

 
LINE ID→spread0501

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

 

コメントは利用できません。