ブログ

こんにちは🌞

今日は紫外線についてお話しします☺️☺️

老化の80%は紫外線が原因だと言われています‼️

そもそもなぜ紫外線対策が必要なのでしょうか?🤔
その理由は大きく分けて3つです。

1 )皮膚がんの予防のため
2 )シミの予防のため
3 )肌の老化の予防のため

 

オーストラリアでは日焼けによる皮膚がんの発生率が世界一で、年間400名以上の方が亡くなり、今でも増加傾向にあるといわれています。これは紫外線のきわめて強い気候に、それほど紫外線の強くないヨーロッパから移民してきた白色人種の人たちに発生リスクが高いと言われています。逆に原住民である黒色人種の人たちは、もともと遺伝的に紫外線を防御するように肌ができているため、皮膚がんの発生リスクは低いと言われています。わたくしたち日本人も決して紫外線に強い遺伝子であるわけではなく、年々紫外線が強くなる環境下では、皮膚がんのリスクも深刻な問題となってきています。

 

また、最近は光老化と言われることが多くなっています。

光老化(ひかりろうか)とは、紫外線を長年浴び続けることで肌がダメージを受け、皮膚がごわごわしたり、シミができてハリを失いシワが増え、老け印象を加速すること。紫外線を浴びた時間と強さに比例するともいわれています。

たとえば、手の甲と二の腕の内側とを比べてみてください。手の甲はハリを失いシミも目立ちますが、二の腕の内側は明るいままでキメが整っているはずです。紫外線がいかに肌にダメージを与えているかが分かりますね🙄🙄

 

*肌老化となる紫外線A波とB波とは?*

地表に届く紫外線には、主にUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。

UVAは波長が長く、肌の奥底の真皮にまで到達してダメージを与えます。紫外線の95%をUVAが占め、シワやたるみといった肌老化*2の原因になります。

UVBは波長が短く表皮にとどまり、シミやそばかすの主な原因に。浴びすぎはどちらも美肌にとって大敵。紫外線対策は、いかに両波を防ぐかがポイントとなるのです!

 

 

 

SPF(Sun Protection Factor)とは、UVBによる影響を防ぐ効果を数値化したもの。紫外線を浴びて皮膚が赤くなるまでの時間を、何倍に伸ばせるかを表した目安です。数値が大きいほど効果が高く、1から50+までに設定されています。

PA(Protection Grade of UVA)とは、UVAを防ぐ効果を+で表現したもの。+の数が多いほどUVA防止効果が高く、数値は+から++++の4段階に設定されています。

 

これらの表示を参考にして、環境やライフタイルに合わせた日焼け止めを選んで、明るく美しい肌を保ちましょう!

 

また、これから春の時期は紫外線ケアだけでなく、毛の処理も一緒にする事で自己処理するときのダメージも減らしてお肌を綺麗に保てるのでできればお顔の毛、身体の毛もなくしましょう💕

 

今月3月は、全身(VIOあり)が12000円で10名様のみお手入れ可能です☺️☺️

是非、このタイミングで始めてみて下さいね✨✨

 

LINE ID→spread0501

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

 

コメントは利用できません。