ブログ

こんにちは😃

脱毛したらこういう服が着たいとイメージされる方がすごく多いです♡

でも、毛がないと着れるお洋服のレパートリーはすっごく増えますよ🥰🥰

今着ている服の色や、選びやすい色など考えたことありますか?🤔

 

今日は不思議な色についてお話しします✨

 

1. 色はどんな影響力があるか

【心理的な影響】

暗記力、回想力、認識力を増す。また、色にによって簡単に理解•学習•誘導ができます。

【生理的な影響】

神経に影響を与えます。研究によって、明るい赤は交感神経系に刺激を与えるので血圧をあげるともいわれているそうです。逆に、青や緑はリラックスさせる生理作用があります。

【感情的な影響】

私達の感情や気分は色に大きく影響されています。例えば、黄色を見ると人は明るい気分になりますよね。観葉植物など緑を見ると人は安心します。

【文化的な影響】

文化は人に基本的な価値観や感覚を与えるます。なので、文化によって色が人に与える印象も異なります。例えば、西洋文化では黒は死を象徴するのに対して東洋文化では白が死を象徴します。この様に文化はデザインに影響を与え、さらにその人たちの文化によっても受け取り方が異なります。

 

 

2. それぞれの色の働きと色彩心理

色は国際的に同じだが、文化によって心理的に受ける影響は多少異なるそうです。また、生理や心理作用を共に把握する事が色を上手く使うコツとなります。

 

 

【赤】警戒心、注意力を喚起し、人間の感情的興奮や刺激をもたらす。赤は色の中で最も長い波長を持ち、交感神経に刺激を与え体温•血圧•脈をあげる。

【オレンジ】楽天的な印象をあたえ、陽気にみえる。消化、新陳代謝をよくする作用があるため、食欲を増進させる。血管や自律神経を刺激し身体を活動的にする。

【黄】明るさや希望を与える。運動神経を活性化させる。脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなる。集中力がアップする。

【緑】情緒の安定、安心感の増加。身体を癒す色。筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせてくれる。また、筋肉や骨その他組織の細胞を作る力を促進したり、暖和効果があるので血圧を下げる。

【青】爽快感、冷静を与える。鎮静作用があり、精神的に落ち着かせる作用がある。体温の低下、痛みの暖和などの作用もある。

【紫】高貴さ優雅さを表す。集中力アップ、鎮静効果。リンパ管や心筋、運動神経の働きを抑制する。

【黒】力強さ、高級感を与える。相手を威圧し、力を象徴する。

【白】純潔さや純真さを表す。過去を清算してリセットする。

 

また初対面の人に会う時は、服を選ぶ時に色に気をつけて選ぶと効果的です。例えば、黒色の服を着ているとクールで知的に見える。重圧感や自立している印象を与えるので交渉などの場面では有効な色です。逆に白は、誠実さや上品な印象を与えるので初対面の人に会うときなどは好印象を与える効果的な色です。青はまじめさや落ち着いた印象を与えるので面接の時などに適した色です。

 

さらに服の色は着ている人自身にも影響します。例えば、赤色は興奮する色なので身につけるとやる気になり行動力がでたりします。また、「自分の好きな色」というのは癒しの効果があるといわれていて、好きな色の物を身につけると人は安心するそうです。

 

女性の人ならば、アイシャドーやチークの色でも印象を変える事ができる。ピンクのチークだったら優しく暖かいイメージで、オレンジのチークは活発なイメージになります。

食べ物の写真では加工する際には全体的に明るくして緑や青を抑えて赤みを際立たせる。そうする事によって美味しそうな食欲をさそう写真になりますよね。

これだけではなく、私たちはもっと色々な所で日々影響を受けているようです。

 

どうでしたか?

色ってたくさんの種類がある中で一つ一つ意味があるんですね☺️☺️

明日からはこれを生かして服を選んでみてはいかがでしょうか?💕

 

コメントは利用できません。