ブログ

こんにちは😌

最近ホワイトニングをしたい方がすごく増えています!

「白い歯」「きれいな歯」は、老若男女・万国共通の憧れですよね(*´꒳`*)最近では歯磨き粉や歯ブラシでもよく目にするホワイトニングですが、「実際はどうしたらいいのかわからない」、「やってみたいけどなんだかな・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか?

また、歯は白い方がいいけど、ホワイトニングまでする必要があるの?自分でなんとかする方法は?歯の汚れや黄ばみが気になり始めたときに多くの方がまずはそう考えるのではないでしょうか? 

着色の状況や原因によっては自分で歯を白くする工夫もできますが、早めに歯科医院に相談した方がいい場合もあります。 まずは着色の原因・状況・歯を白くする方法の違いを確認しましょう。

 

自分でやる?歯科医師・衛生士にやってもらう?

まずホワイトニングを大きく分けると、ご自身で行うもの or 歯科医師や歯科衛生士の有資格者に行ってもらうものの2つに分ける事ができます。 この2つには〈セルフorやってもらう〉という点以外に、大きく異なる点があります。 それは「過酸化水素」を使用できるか・できないかという点です。

〈過酸化水素って何?〉

「過酸化水素」という言葉に聞き慣れない方も多いと思いますが、わかりやすく言うとオキシドールの濃いものです。(オキシドールは2.5%~3.5%過酸化水素の事を指します)

過酸化水素には〈殺菌・漂白〉作用があるため、傷口の消毒や衣料用漂白などにも利用されています。

歯のホワイトニングの場合は〈30%程度の、高濃度の過酸化水素〉を利用しますが、この濃度の過酸化水素は劇物に当たります。歯に用いる場合、用法を間違うと危険なため「歯科医師もしくは歯科医師の指導の下歯科衛生士が処置すること※」と薬事法で決められています。そのため、「過酸化水素」を利用したホワイトニングは歯科医師・歯科衛生士でないと行えないという事になります。

※歯科医師・歯科衛生士は国家資格です

過酸化水素を使う・使わないの違い

過酸化水素を使用する場合と使用しない場合では〈目指す白さ〉に大きな違いがあります。

・過酸化水素なし

→ 表面の汚れを落として歯本来の色に戻す

・過酸化水素あり

→ 本来の色以上に白く漂白していく

過酸化水素を利用しない方法(歯磨き粉やセルフホワイトニングなど)では、表面の汚れを落とすということにとどまるため、本来の色より白くする事はできません。表面の汚れだけが気になっている方にはこちらで充分でしょう。

 

これはS*pread-エスプリード-でセルフホワイトニングしたあとの症例写真です。

セルフホワイトニングでもすごく白くなりますよ😘

1回目は4000円(税込)2回目以降は5000円(税込)でできます(*^o^*)

セルフホワイトニングのやる回数は続けて3〜5回がオススメです。

回数が1・2回だと色の戻りが早くなってしまうので頻繁に通えるのであれば1・2回でも良いですが、持続したい方は3〜5回が良いですよ💕

 

 

 

いっぽう、表面の汚れを落とすだけでなく「本来の色以上に白くしたい」という方には、一般歯科医院やホワイトニング専門医院で行う過酸化水素を利用するホワイトニングがおすすめです。

セルフvs.歯科医院、お値段の違い

ご自身で行う方法は費用が比較的安価です。そのため気軽にお試ししやすいと言うメリットがあります。一方、歯科医師・衛生士が行うものは効果は高いものの、費用はご自身で行うものよりも高額になりやすいです。そのため、効果をとるか? or 値段をとるか?という選択になるでしょう。

また、ホワイトニングは自費診療となりますので医院によって値段の設定は様々です。相場としては1回数千円~5万円ほどのものから、高額になると数十万というところもあるようです。

 

歯科医院でのホワイトニング方法もいろいろ

一般的に過酸化水素を利用したホワイトニングの方法は、以下の3つになります。

・光を当てるもの

オフィスホワイトニング

・マウスピースを利用するもの

ホームホワイトニング

・神経のない歯に行うもの

インターナルブリーチ

 

まず「オフィスホワイトニング」ですが、歯に薬剤を塗ってLEDやレーザーなどを当てて白くしていきます。(オフィスホワイトニングで当てる光自体に白くする作用があるのではなく、ホワイトニング薬剤の効果を高めるために光で温度を上げます。)その場で白くなるため、白さの実感が得られやすいという特徴があります。

 

対して、マウスピースを利用する「ホームホワイトニング」は、医院で歯科医師や衛生士に利用方法を指導してもらい、薬剤を処方されるというものです。

「ホームホワイトニング」には、インターネットなどで薬剤を個人輸入して利用するという裏技もあります。ただしこちらはあくまで自己責任での利用となるため、ホワイトニングを熟知されている方でないとおすすめできません。

またホームホワイトニングは効果を感じるまで時間がかかり、2週間~1ヶ月ほど毎日利用して「白くなったかも?」というものなので、しっかり使うことが重要です。

 

「インターナルブリーチ」は少々特殊な方法です。神経が死んでしまい(失活)黒ずんでしまった歯に対して行う方法になるため、見える歯全部というより、その歯1本だけ!という形になります。

 

タイプ別おすすめホワイトニング

上記の事を踏まえてタイプ別に簡単におすすめの方法をまとめてみました。

とりあえずやってみたい、そこまで色が気になっていない

→セルフホワイトニング、歯磨き粉

早く白くしたい!

→オフィスホワイトニング

根気よく徹底的に白くしたい

→ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用(デュアルホワイトニング)

白くしたいけど自分でやるのは面倒

→オフィスホワイトニング

通えない、自分のペースで白くしたい

→ホームホワイトニング

値段が気になるけど一度やってみたい

→セルフホワイトニング

そもそも着色の原因とは?

歯の着色原因は、内部からの原因と外部からの原因があります。

加齢による歯の黄ばみ

歳をとると歯は白色から黄色に変色していきます。これは、表面を覆っている半透明の白色物質である「エナメル質」が、加齢に伴って磨耗し薄くなることで、内側の象牙質がより透けてみえやすくなるためです。

外部からの着色

コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することでも着色を引き起こします。「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれに当たります。

ステイン着色の原因になりやすいものは、コーヒー・お茶のほか、赤ワインやチョコレート、ココア、タバコなどが良く知られていますが、バナナや大豆製品など、一見意外なものにもステインの原因になりやすい物質が含まれています。

そして、歯の表面には「ペリクル」と呼ばれる薄い膜があります。ペリクルは食べ物のカスを虫歯菌が分解するときに発生する「酸」から歯を守るなどの良い働きがありますが、その反面ペリクルは色素をくっつけてしまうという働きもあります。

また、歯垢が歯に付着することでも着色を引き起こします。歯垢は淡い黄色をしており黄ばみを目立たせますが、歯ブラシで容易に除去することができるので、着色の中でも比較的早く原因除去をすることができます。

歯垢が付着していると口臭も伴います。さらに歯垢が長期的に付着していると、虫歯菌が産生した酸によって歯が溶け虫歯の原因にもなります。虫歯は自然治癒することはないので、歯科医院で治療してもらうしかありません。

虫歯による色の変化

初期の虫歯では、歯の表面が「脱灰(歯の主成分であるカルシウムとリンが歯から溶け出すこと。進行すると穴が空き虫歯となる)」することによって起きるホワイトスポットという現象がみられます。 ホワイトスポットから進行すると、さらに虫歯が進み歯は黒色に変色します。

虫歯が進行していくと歯の神経は死んでしまい、神経が死んだ歯は徐々に茶色っぽく変色してしまいます。

また、乳歯の時に虫歯になってしまった歯を放置すると、永久歯の形成に影響を与えることがあります。

抗生物質による色の変化

あまり知られていないことですが、抗生物質の中でもテトラサイクリンは「テトラサイクリン系に属する抗生物質」のことです。菌の増殖を抑える働きがありますが、いろんな種類の菌に効果が見られることから多用されていた時期があります。 ただ、歯の着色の報告が挙げられてからは妊婦や12歳までのお子様への処方は、やむをえない状況を除き避けられるようになっています。 現在でも肺炎やにきびの治療薬としても使用されています。

このテトラサイクリンは骨や歯など身体の硬組織に対して影響を及ぼし、特に歯に着色を起こす副作用が報告されています。

外部からの着色「ステイン」を付着させない方法

歯の表面はつるつると滑沢です。これは滑沢なことで歯の表面に細菌がつかないようになっており、清潔な状態を保てるようになっています。

表面を傷つけない

その表面を研磨剤などでゴシゴシと強く磨いてしまうと、細かな傷がついてしまいます。するとその細かな傷に細菌や汚れがつきやすくなり、結果としてステインの沈着にも繋がってしまうのです。

飲食後の習慣

コーヒーやお茶、さまざまな飲み物や食べ物にステインが含まれていると前述しました。これらのものを飲食した後にうがいや口をゆすぐことで、ステインの主成分を洗い流し、ステインの沈着を防止することができます。

また、うがいをするのが面倒だと感じる人はガムを噛むことで唾液の分泌を促進するので、程度は落ちますが同様の効果を得ることができます。

着いてしまった汚れを落とすには?

歯の汚れを落とす方法はいくつかあります。まずは自宅でできる方法からご紹介します。

自宅でできる歯の汚れの落とし方

もっともお手軽と考えられるのが、ドラッグストアなどで売っているステイン除去アイテムを使用する方法です。ホワイトニングに特化した歯磨き粉や、歯の表面を磨くことで歯を白く見せるホワイトニングペンなどがあります。

ホワイトニングに特化した歯磨き粉には、重曹や研磨剤などが入っており、表面に付いた着色汚れを削り落とす力があります。

また、電動歯ブラシの「ステイン除去機能」を利用することもお勧めですが、研磨剤入りの歯みがき粉と電動歯ブラシとの併用はお勧めできません。 電動ブラシは手で磨くよりもたくさん振動するため、汚れを落とす以上に歯を傷つけるリスクが高くなるためです。

電動ブラシを利用する場合は、研磨剤を含まず、汚れを浮かせて落とす効果があるジェルタイプのものとの併用がお勧めです。

 

着色の原因、汚れの除去、漂白について説明してきました。ここでは、歯の白さをキープする為のポイントを振り返ってみましょう。

 

  • ・コーヒーやお茶など、ステインを含む飲食の後には口をゆすぐ
  • ・歯の表面を傷つけるようなことは避ける(歯磨きをするときにゴシゴシと力強く行わないなど)
  • ・虫歯など、外部からの着色以外の歯の色の変化にも注意する
  • ・汚れを除去したり、歯の漂白をするアイテムや施術なども利用する

 

歯の表面を傷つけないように注意することも大事ですが、汚れを除去するためには研磨剤入りの歯磨き粉が有効な場合もあります。 生活習慣や歯の状況にあわせて、上手に取り入れることがポイントです。

また、常に自分の歯は見ているので歯に着色がついても気付きにくいことが多く、定期的に歯科医院へ検診に行くこともお勧めです。 定期健診は自覚症状の出にくい初期の虫歯なども発見しやすく、健康面からみてもとても大切です。

期間としては3か月程度を目安に歯科医院へ通うようにすると良いでしょう。

やってはいけないホワイトニング方法

歯の表面を微量ながら削る効果のある研磨剤入りの歯磨き粉は、上手に使えば汚れの除去に有効であると前述しましたが、注意しなければいけない点もあります。

それは、研磨剤入りの歯磨き粉では、強く磨きすぎると歯が削れてしまい、かえって汚れが付きやすくなったり、知覚過敏症などを引き起こす原因になりかねません。

また、ステイン除去グッズとして人気の「ホワイトニングペン」にも同様のことがいえますので、やりすぎには注意しなければなりません。

まとめ

最近では歯の美白にも関心が高まっていることもあり、自宅での予防法や、自宅でできるホームホワイトニングアイテムなどがたくさん登場しています。上手に利用すれば、日々の生活の中で白さを保ちつづけることが可能です。

ただ、自己判断で使い方を誤るとかえって歯が着色しやすくなり、虫歯などを引き起こす悪循環に陥ることも。

少しでも心配なことやわからないことがある場合は、歯科医院で専門スタッフに相談してみてください。

歯を白くすることで笑顔もキラキラして可愛さ、かっこよさが増し、清潔感や好感度も上がりさらに魅力的になれますよ💕

日々の工夫やケアアイテムとともに、ホワイトニングを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?

今日も読んで頂きありがとうございました(*´꒳`*)

 

 

LINE ID→spread0501

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

 

コメントは利用できません。