ブログ

こんにちは(*´꒳`*)

今日はクリスマスイブですね!

誰とどんなふうに過ごされますか?♡

日本と海外でクリスマスの過ごし方や、サンタさんの違いがありました☆

 

イギリスではファザークリスマスと言い、緑色の(近年は赤が主流)の服を着ている。

オーストラリアとニュージーランドでもファーザークリスマスと言う。

オランダではクリスマスが1シーズンに2回あり、プレゼントがもらえるのは12月6日の「聖ニコラスの日」の前日と、25日のクリスマスである。

 

クリスマスが2回あるなんてすごく嬉しいことですね😄

 

イタリアではクリスマスが1月6日まで続き、5日に魔女が来て、良い子にお菓子を、悪い子に石炭をくれるという伝説がある。

ドイツでは、悪い子は「悪い子に罰する黒いサンタにさらわれるという言い伝えがある。しかし現在では、ドイツの子供たちは「クリスマス男」と「クリストキント」(クリスマス子)とのどちらかを信じているといわれており、どちらが持ってくるかで学校では論争があるという。なおドイツでは、サンタクロースは商業主義だとしてカトリックによるサンタクロース排撃事件があり神父たちが襲われる事件もあった。

ロシアではジェド・マロース(マロースおじいさん)が孫娘を連れて、プレゼントを配るという風習がある。

南半球に位置するオーストラリアでは、クリスマスが夏になることから、サンタクロースは海からサーフボードで、サーフィンをしながらやって来るとされる。

(wikipedia引用)

本当に国によって全然違いますよね。サンタさんの服にも違いがありました!

常に笑顔の、白のトリミングのある赤い服・赤いナイトキャップ姿で白ヒゲを生やした太りぎみの老人の男。白い大きな袋にクリスマスプレゼントを入れて肩に担いでいる。19世紀の初出では一頭立てのトナカイがそりを引く姿が描かれていたが、やがて八頭立てとなり、家々の子どもたちが寝ている間にプレゼントを配る現在のイメージに至っている。

欧米諸国などのサンタは「Ho Ho Ho」(ホゥホゥホゥ)と特徴的な笑い声をあげる事がある。伝統文化として定着している面もあり、カナダではサンタクロース宛専用の郵便番号「H0H0H0」がある(同国の郵便番号の書式は”A1B2C3″のようなアルファベットと数字の組み合わせのため、アルファベットの”O”(オー)の代わりに数字の”0″(ゼロ)を使用している)。

ドイツの古い伝承では、サンタは双子で、一人は紅白の衣装を着て良い子にプレゼントを配り、もう一人は黒と茶色の衣装を着て悪い子にお仕置きをする。容姿・役割共に日本のなまはげに似ており、民族的にも年の瀬に来訪する年神としての役割の類似が指摘される。

ロシアのジェド・マロースは青い服を着ている。

(wikipedia引用)

サンタさんはプレゼントをくれますがただプレゼントをくれる人ではないのは知っていますか?🎅

大切なのは1年間いい子にしていたかどうか。それは子どもも大人も同じです。いい子でなければサンタさんはお家に来てくれないですし、プレゼントももらえないんです。高価なものがもらえて当然の日と思っているとしたら、それはとても寂しいことです。海外ではプレゼントの中身ではなく、サンタさんが来たこと自体を感謝する文化なのです。プレゼントが高価なものだとか、頼んだものと合っているかどうかなんて、あまり重要ではありません。

またクリスマスは誰と過ごしますか?🎄

 

クリスマスの過ごし方、いろいろ勘違いしていたようです。実は正しい過ごし方があるのです。

 

<正しい過ごし方 その1>
クリスマスは家族と一緒に過ごしましょう。ツリーの飾り付けや、お菓子をお母さんや、兄弟と一緒につくるのがいいですね。一緒に作業することで家族の絆を確かめ合えます。そうそう、ビスケットとあたたかいミルクの準備もお忘れなく。サンタさんはこの組み合わせが大好きです!

<正しい過ごし方 その2>
子どもたちは、サンタさんへの手紙を書きましょう。「◯◯というゲーム機本体がほしいです」というようなおねだりの手紙は読んでもあんまり楽しくないので、「サンタさん来てくれるかな?」とワクワクして待っているその気持ちや、どれだけいい子だったか1年間の自慢話なんかを手紙に書いてくれるとうれしいです。

<正しい過ごし方 その3>
枕元にビスケットとミルク、サンタさんへの手紙を置いて布団に入りましょう。サンタさんはみんなが寝静まった夜中に活動します。早く寝た方がいいことも早く訪れるかもしれませんよー。

↑ビスケット、ミルク、手紙。サンタさんが喜ぶ3点セットを枕元に用意。

↑朝起きてビスケットやミルクを食べた形跡があれば、それはサンタさんが来た証です。

「サンタさん、ありがとう」この言葉が聞けたら最高です✨

――サンタさんは夜中にこっそり来て黙って帰っていきますよね?サンタさんが来てくれた喜びは、どのように伝えればいいのでしょう?

サンタさんは見返りを求めません。みんなが笑顔になってくれたらそれでいいのです。でもちょっとだけ、この場を借りて希望を言うとすれば、「プレゼントありがとう」よりも「サンタさんありがとう」と言ってもらえる方が100倍うれしいなぁ。子どもたちの手紙にその言葉が書いてあると、夜中どんなに忙しくても元気になれます。さぁ、みなさん、もうすぐクリスマスですよ。クリスマスの正しい過ごし方を参考にして、家族と一緒に心豊かなクリスマスを過ごしてくださいね。

 

自分の子供ができたら手紙やサンタさんのお話をして夢ある子供にしたいなあ(*´꒳`*)

また、1年を振り返りながら書くサンタさんへの手紙は大人にも必要なことなのかなと思いました!

 

今日明日素敵なクリスマスをお過ごし下さい✨

merryChristmas🤶🎄

LINE ID→spread0501

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

 

コメントは利用できません。