ブログ

ミトコンドリアについて

人間にとってかなり重要な役割をしているミトコンドリア!!

今日はミトコンドリアについて勉強したのでご案内します。

ミトコンドリアは人間のどこに持っているのか??それは、細胞の中にミトコンドリアが沢山います。

人間の中に細胞の数は37兆個あるそうです。

一つの細胞に何個もいます。細胞によって、ミトコンドリアが多かったり、少ない場合もあります。

1人に持っているミトコンドリアの数が1京個あるそうです。

ミトコンドリアの重量は人は体重によって変わります。

例えば、体重50キロの人が持っているミトコンドリアの重量は5キロあります。

人間の体重の10%しめている。60キロであれば6キロあるとなります。

腸内細菌は2キロ。一番大きいと言われる臓器は4キロある肝臓です。

人体の最大の臓器は肝臓ではなくミトコンドリアになるということです!笑

しかし、全体に散らばっているから、こんなに重いとも思いませんよね(^◇^;)

 

ミトコンドリアは人間の中で何をしてくれているのか??

ミトコンドリアの一番大事な仕事はATPというエネルギーを作っています。

ATPの役目→運動してくれたり、肌のタンオーバーをしてくれている。美肌、体温を上げる、免疫を上げることをしてくれている、人が動ける、体の体温を保ってくれている。

ATPがあるから、話せるし動けるのです。それを作っているのがミトコンドリア!!!

人間にとって必ず必要な物になります。

 

人間が1日生活するために必要なATP量はどのくらい必要か??→体重と同じくらい必要だそうです。

ブドウ糖を燃やすとATPを作ることができる。しかしATPのエネルギーは少ないです。

もっと効率よくATPを作るためにはブドウ糖と酸素が合体するといい。しかしミトコンドリアがないとATPを作ることができない。

ミトコンドリアがいることで38個のATPというエネルギーを作ることができるが、ミトコンドリアがいないと2個のATPしか作れないそうです。

代謝がいい状態にするには、ミトコンドリアを頑張らせることが大事です。

汗をかくことが代謝がいいというわけではないです。これは、結構勘違いする方が多いですよね。。。

食事は腸内細菌のために食べる。

ミトコンドリアを元気にするために栄養を取って上げることが大切です。

ミトコンドリアに栄養を上げるためにはマグネシウムが必要。

みなさん、取れていますか??

ミトコンドリアを元気にすると代謝はどんどん上がります。

 

では、自分の中で減らしたい物は脂肪と言われる方が多いですが、脂肪をATPエネルギーに変えないと痩せられないです。

脂質は燃やすことができるのはミトコンドリアだけです。

ミトコンドリアを元気にしないと痩せるわけがないのでダイエット失敗します。

脂肪を燃やすためには、栄養が必要なんですね。

ミトコンドリアの質は人によって違うそうです。

DNA(見た目、性格、目の色など)はお父さんとお母さんから50パーセントずつ受け継ぐそうです。

しかし、ミトコンドリアDNAは100パーセントお母さんから受け継ぎます。男性のミトコンドリアは全く関係ない。

ミトコンドリアの能力はお母さん次第になります!!

ミトコンドリアが元気な人は元気!!脂肪も燃やせるしエネルギーに変えてくれます。

しかし、ミトコンドリア能力は年齢とともに元気なくなる。数も減っていく。小さくなるそうです。

昔に比べて、疲れやすくなった、肌が荒れやすくなった。脂肪を燃やせない体になった。太りやすくなった。

昔に比べて。。。。と、体に変化が起きた場合はミトコンドリアが壊滅しまっているというサインです。

ミトコンドリアは

・全身のエネルギー

・脂肪を燃やせるのはミトコンドリアだけ

・年齢ととも劣化はしてしまう

年齢とともに劣化するミトコンドリア。壊滅がスタート年齢は40歳と言われています。

活性酸素をおくっている人は劣化は早いです。代謝も落ちてしまい、体も動き、肌トラブルも出やすくなります。

なので、劣化を遅らせることが大事!生活習慣に気をつけましょう!!

ミトコンドリアを元気にする方法は次回お伝えさせて頂きますのでお楽しみに💓

 

 

ID→spread0501
LINE

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

 

コメントは利用できません。