ブログ

悪い油

油のイメージはどんなイメージですか?

太りやすい、脂っこいのはあまり良くない、テカリやすいなどございませんか?

油は三大要素の一つでいいものとはなるので、いい油を取っていきましょう。

多くのホルモンがコレステロールからできているので、コレルテロールを食べることも重要??→❌

なぜか??

コレステロールはホルモンの材料にはなります。

ただ、食事からとったコレステロールが身体のコレステロールになることはありません。

コレステロールという油はタンパク質と油がくっついてできてる物です。

コレステロールを食べるより、いい油をとって体内の中でコレステロール合成する方が良いです。

ホルモンの材料はコレステロール!だから、いい油を取ることがいいです。

コレステロールは低い方がホルモンバランスが悪いので、ある程度取り入れることが大事です。

⚠️避けていただきたい油があります。

1、過酸化脂質という油

酸化した油→腐った油です

過酸化脂質を摂取すると、活性酸素が大量に発生して腸をすごく汚します。

入ってる物は時間がたった揚げ物、惣菜、一晩寝かせたカレーなどです。

ポテチは特に危ないです。揚げたてを食べないからです。

カップ麺、チョコレートも時間がたちすぎているので危険です。

何分、何時間、何日したら過酸化脂質になっているのか?

それは物によって違います。

極力揚げたてにすること!

一回使うともう酸化しているので、繰り返し使う油は良くないです。

植物油脂

ごま油などの植物の油は、酸化しやすい油だから体には悪いです。

パーム油が最近よく使われています。液体、固形になるから使われやすく日本でもよく使用されています。

酸化してるから怖いと気にしてる人がとても少ないです。

2.トランス脂肪酸

市販のマーガリンにはトランス脂肪酸が多く含まれているので、使うべきではない?? ❌

なぜ?

明治のマーガリンはトレンス脂肪酸あまり入っていないそうです。マークで判断できます。

でも、トランス脂肪酸が入ってないかを確認をしたら植物油脂の酸化のものが使っている場合があるので必ず確認してみて下さい。

油→液体 脂→個体 になっています。

水素てんかされたトランス脂肪酸は良くないし、廃止されているそうです。極力自分に入れないように意識して下さい。

マーガリンには、ショートニング、ショットスプレットと書かれてる物が多いのでこちらは避けてください。

悪い油をとり続けて網膜剥離になってしまった方もいます。目の左右がおかしい、目が見えない、赤くなった。手術も4回やったそうです。怖いですね😭

網膜剥離の原因があったそうです。それは、毎日マックを食べ続けたそうです。

皆さんも食べ過ぎには本当に注意しましょう。

油は体の栄養素になるからこそ、危ないのです。

ノンフライのインスタントラーメンも麺を洗ってみると分かりますが油は凄いのでよくはないです。

ココナッツオイルは健康に良い油であるか??❌

なぜ?

ココナッツの油にはいい油は入っているが、いいのは二割であとはあまりよくない油が入っています。

もし悪い油を食べたら、いい油を入れて上げることが大事です。

悪い油は、腸が汚れるという最大のリスクなのでファスティングで綺麗にして上げることが大切です。

揚げたてでも、酸化した油で揚げるのも良くないです。塩が入った油は酸化しやすいとのこと。

もし、チョコレートが食べたくなった場合はカカオバターと書かれているチョコをオススメします。

積み重ねが、健康状態を悪くしています。

皆さんも日々の健康を意識して、いい油を取り入れてあげて下さいね😄次回は、いい油ってどんな物かご案内いたします💓

 

 

 

ID→spread0501
LINE

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

 

コメントは利用できません。