ブログ

脱毛期間中はなぜ、日焼けしてはいけないの?

 

脱毛期間中はなぜ、日焼けしてはいけないの?

と、お声を頂くことがあります。

日焼けを絶対してはいけませんよ。というわけではございませんが、日焼けをした場合は効果の実感が遅くなる可能性があるからです。

肌の色が黒い状態は、毛のメラニン色素に熱が集中しにくくなる為、色白の方に比べると効果の実感も遅くなる可能性があります。

さらに、光脱毛は毛のメラニン色素に反応し、熱を発します。その為、日焼けにより肌が黒い状態になると、毛のメラニン色素だけではなく、皮膚の色にも反応しやすくなってしまい、通常よりも熱さを感じる可能性があります。

 

では、普段UVケアはできていますか??

紫外線は知れば知るほど、肌にとってはとても影響があるものになるので知識をつけておくと今後老化対策にもできますよ。

長期感紫外線を浴びることで、シミ、シワ、弾力の低下といった肌の老化を促進し、これを【光老化】と言います。

肌老化の8割が光による老化と言われています。加齢に伴う老化に比べ、UV-Aがもたらす光老化は硬くゴワゴワした肌に深いシワが刻まれるのが特徴です。

また、年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなる為、UV-Aによって肌細胞の老化が起こりやすくなり、加齢とともに紫外線への注意が必要となります。

 

UV-A・・・太陽から届く紫外線の9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。真皮層まで届き、肌のハリや弾力を失わせ、光老化の原因となっています

 

♦︎紫外線対策♦︎

日焼け止めにも種類があります

・紫外線吸収剤

皮膚表面で紫外線を吸収し、化学的にエネルギーを変えて放出し、紫外線が肌内部に侵入するのを防ぎます。紫外線を防ぐ力が強く、無色透明なので白浮きすることなく無理心地が良いのが特徴ですが、防御力が高い分、肌への負担も大きいです。有機化合物である為、人によっては刺激を感じることもあります。また、化学変化が起こるにつれて分子が壊れる為、紫外線を防ぐ力が弱くなります。こまめに塗り直しが必要になります。

・紫外線散乱剤

有機化合物ではない為肌への負担が少なく、多くは【ノンケミカル】と表示されています。紫外線吸収剤のように化学反応を起こさない為、構造が壊れにくく効果は長持ちします。白浮きやベタつきなど使用感が悪いのが特徴です。

 

脱毛される最中は肌の負担が少ない紫外線散乱剤のUVがオススメです

日傘をさしたり、サングラスをつけるのもオススメです。毎日の蓄積で肌トラブルになります!!

ぜひ、皆様気をつけて下さいね😊

 

脱毛サロンで肌も綺麗になります!!

それは機械によって変わるのでぜひお試しして下さい♡

LINE ID→spread0501

 

TEL→080-1572-5503

Instagramアカウント→spread.jp

 

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-8

船入ハイツ5F


★当日予約は3時間前であれば

ネット・電話予約が可能です。

コメントは利用できません。